Top
カテゴリ:event( 58 )
HUDL #01/第1回ひろしま都市デザイン研究会
昨日行われた第1回ひろしま都市デザイン研究会「HUDL #01」には、老若男女たくさんの方に御参加頂き、盛況な会となりました。

企画・運営の点で、反省点もありましたが、この研究会の意義を確信することができました。

参加していただいた皆さん、ありがとうございました。

またレポート等は後日アップします。
[PR]
by futurestudio | 2009-05-30 11:57 | event
Hiroshima Urban Design Labo #1
広島の都市デザインを考える公開シンポジウムを行います。

専門家や市担当者よるレクチャーにて、広島の都市づくりの現状を紐解き、その上で一般の市民の方にも、一緒に考えるきっかけをつくれればと思っています。参加無料ですので、ぜひお越し下さい。

d0148755_14475025.jpg


Hiroshima Urban Design Labo #01
第1回ひろしま都市デザイン研究会

テーマ「旧球場跡地から考えるひろしま都市空間ビジョン」

近年広島では新球場の建設、それに伴う旧球場跡地利用、広島駅前再開発、原爆ドーム周辺景観、広大跡地、平和大橋歩道橋デザインコンペなど、建物単体だけでなく都市の景観にまで関わるプロジェクトが、新聞やテレビなどのメディアを通して取り上げられ、多くの市民の関心を集めるようになっています。賛否両論、断片的にといった意見が種々語られる中、この議論の土台となるはずの、広島の都市復興の歴史や、それを継承する現状の都市計画については、市民に理解しやすく整理することが未だ不十分ではないかと思われます。

HUDL(ひろしま都市デザイン研究会)は、このような背景の中、市民と都市とを繋ぎ、より魅力的な都市を模索すべく、伝え、知り、考え、議論することを目的としています。

第1回HUDLでは現在多くの市民の関心を集めている「旧広島市民球場跡地とその周辺の展望」の問題を取り上げます。戦後からの歴史を紐解き、現在の広島市の取り組みへと繋がるミニレクチャーを行います。さらに国内外の都市における街並みとの比較から、豊かな都市空間づくりへのキーワードをパネルディスカッションを通しいて模索したいと考えています。この議論が、国際都市ひろしまの未来を創造する契機とすべく、都市空間にアプローチします。

□講演
 「戦災復興と都市軸の歴史について」 
     石丸紀興氏 (広島国際大学教授)
 「広島市の都市景観の取り組みについて」 
     津田靖文氏 (広島市都市整備局都市計画課都市デザイン担当課長)

□パネル・ディスカッション
  パネリスト :
     石丸紀興氏 (広島国際大学教授)
     荒木靖昌氏 (広島市都市活性化局都市活性推進課長)
     津田靖文氏 (広島市都市整備局都市計画課都市デザイン担当課長)
     土井一秀 (HUDL)
     小川文象 (HUDL)
  コーディネーター : 吉田豊 (HUDL)
  全体進行 : 松原綾 (HUDL)

□日時 : 2009年5月29日 (金)  18:00-20:00

□場所 : 広島市まちづくり市民交流プラザ  5階 研修室A
         〒730-0036 広島市中区袋町6番36号
         TEL 082-545-3911
         FAX 082-545-3838

 参加費無料
 ※ 閉会後同会場において、懇親会を行います (参加自由・21時まで)

□主催 : WiLL (NPO法人ひろしま青年円卓会議)
□後援 :広島市 、国連訓練調査研究所(ユニタール)広島事務所
□お問い合わせ : 土井一秀建築設計事務所
         tel : 082-271-5132
         fax : 082-271-5105
         e-mail : info@doi-architects.net
         〒733-0822広島市西区庚午中3-4-25-202
[PR]
by futurestudio | 2009-05-17 15:14 | event
4.10広島新球場こけら落とし
d0148755_9262046.jpg
長きにわたる右往曲折を経て完成した広島新球場。諸々の事情は抜きにして、この日ばかりはこの夢の器の誕生をただ祝いたいものです。市民球場移転に反対だった私も、この先新たな歴史をつくっていく新球場のこけら落としを体験しておきたいと思い、運良くチケットを手に入れてくれた友人と共に行って来ました。

設計は仙田満氏率いる環境デザイン研究所。コンペ時の特徴であった、鯉がうねるような躍動感のある屋根は、コストの関係で実現できなかったのは非常に残念ですが、ソフト面ではまさにボールパークという工夫が各所に凝らしてあり、とても楽しめる球場だと思います。建築としては、コストに苦労した跡が仕上げや細部などの納め方に見られました。また旧市民球場にあった高いフェンスは低くなり、とてもプレーが見やすくなっています。

これから新球場が旧市民球場のように愛される球場になっていくよう、行政・球団・専門家・市民みんなで使いながら考えていく必要があると考えます。

d0148755_11402778.jpg
外観。コストを考えると仕方ないですが、このままでは少し寂しい。また別予算で、外装のコンペなどしても面白いと思います。

d0148755_9173918.jpg
開放感のある外回り通路。

d0148755_9131789.jpg
レフト側砂かぶり席。選手と同目線で見ることが出来ます。

d0148755_91737.jpg
トイレの男子用小便器によく貼ってある「ハエ」が「キャッチャーミット」に。これはNICEです。

d0148755_1328727.jpg
充実したフードコート。長蛇の列にも対応できる通路幅。

d0148755_9152442.jpg
ライト側バーベキューテラス。

d0148755_1343124.jpg
レフト側客席高さは新幹線のレベルで切り取られ、新幹線から球場の雰囲気が見える様、工夫されています。


<参考>
コンペ案(全作品)
広島市新球場コンペの公式記録(広島市)
新球場建設の経緯(広島市)
幻の採用案-原広司・竹中案(中国新聞)
Arup案(kenplatz)
仙田満氏の初期の提案書(広島市)
[PR]
by futurestudio | 2009-04-12 11:55 | event
「バードハウスの建築家」展@兵庫県立美術館
先週末、兵庫県立美術館へ「バードハウスの建築家」展を見に行ってきました。

どれもユニークな発想の力作揃いで、大変面白かったです。クライアントに要望の聞けない「鳥の家」に対して、23組のデザイナーや建築家がそれぞれの解を導いたものであり、建築をつくるよりも作家性が出やすいのかもしれません。

出展者による懇親会では、様々なジャンルの出展者の方々の苦労話などを拝聴しました。モロッコ漆喰の美しいバードハウスを製作された森田一弥さんや、今回はコーディネーターとして参加の満田衛資さんなどにもお会いしました。夜遅くまで主催者の畑友洋さんらと建築を語った、熱い神戸の夜でした。

展示されたバードハウスは、展覧会終了後すぐに設置されるようなので、どのような風景が生まれるのか、また鳥たちは喜んでくれるのか、「バードシティ」完成が楽しみです。
d0148755_19324238.jpg

[PR]
by futurestudio | 2009-04-06 20:19 | event
国際シンポジウム@福岡
ロンドン在住時の恩人、九州大学の藍谷鋼一郎さんからシンポジウムのご案内をいただきました。
d0148755_13405559.jpg


講演者も凄い方々が集まるようで、アジアの都市の未来についての興味深いシンポジウムになりそうです。
[PR]
by futurestudio | 2009-03-26 13:47 | event
SAKURA NIGHT
間近になっての告知ですが、建築・デザイン関係者の集う花見パーティを開催することになりました。

Hiroshima Design Night Vol.2
”SAKURA NIGHT”

日時:3月28日(土) 17時より
場所:平和公園まわりのどこか(詳細はメールにて)
参加希望の方は、参加人数を明記の上、info@futurestudio.jp まで。

今年はスケジュール的に、断念しようと考えていましたが、熱い仲間達の熱意で強行することになりました。
クローズでやれば簡単なのですが、オープン形式を続けていくことに意義があると考えています。

毎回ブログなどの告知を見て来ていただける方も多く、オープン形式の末広がりな可能性をやるたびに感じます。
今年も沢山の出会いと共に、楽しいひと時を過ごしたいと思います。
皆様ぜひ奮ってご参加下さい。
[PR]
by futurestudio | 2009-03-24 22:12 | event
「バードハウスの建築家」展
d0148755_15432341.jpg

2005年の新建築住宅設計競技の公開プレゼンで頂点を競って以来、良いお付き合いをさせていただいている神戸の建築家、畑友洋さんにお声かけいただき、以下の展覧会に出展することになりました。

「バードハウスの建築家」展

会場 : 兵庫県立美術館 アトリエ2(Studio-2)
〒651-0073
神戸市中央区脇浜海岸通1丁目1番1号[HAT神戸内]
TEL:078(262)0901
会期 : 2009年4月2日(木)- 4月5日(日) 
10:00-20:00 ※2日は18:00まで
観覧料 : 無料
主催 : バードハウスの建築家展実行委員会
後援 : 神戸市 神戸市道路公社
会場案内 : 詳しくは兵庫県立美術館のサイトをご覧下さい
お問合せ : メールにてお問合せ下さい
hata-t0711@jade.plala.or.jp または
office@kenzomakino.com

建築家・デザイナー・アーティスト・作家などによるバードハウスの展覧会です。出展されたバードハウスは、展覧会後は六甲山トンネル南口に実際に設置されます。
関西に行かれる方は是非足を運んでみてください。
[PR]
by futurestudio | 2009-03-07 15:51 | event
12.22 Hiroshima Design Night
22日19時より、広島市内のダイニングバー、クールにてHiroshima Design Nightを開催いたしました。

d0148755_203095.jpg


広島で活動しているデザイナー・建築家・アーティストから学生まで幅広い層の方々が集結し、延べ50人を超える参加者となりました。中に遥々東京から参加の熱い方も。

このブログを見て連絡をいただいた方など、僕自身初めてお会いする方も多く、「こういう機会をみんなどこかで待っている」「やってくれてありがとう」など、嬉しい言葉をかけていただきました。それぞれの分野で頑張っている人と人が、それぞれの思想や哲学、広島という場所についての問題意識などを意見交換することが出来、とても楽しく有意義な時間でありました。

途中、卒業設計真っ只中の大学4年生が模型を持ち込み、プチ講評会が行われたり。この場に模型を持ち込む彼らの勇気に感服。
d0148755_2024879.jpg


参加者の方々に自身の紹介的なイメージをデータで持ってきてもらい、その場で統一フォーマットにて印刷し、壁に貼っていくという、急遽決まった企画は、準備不足が祟って中途半端に終わり、次回への反省として残りました。今回はバタバタでしたが、次はしっかり企画してやろうと誓う。今週末には実行メンバーで反省会の予定です。

参加してくれた皆さん、ありがとうございました。 参加者の方には、何らかの形で当日の写真などをお届けしたいと思います。またやりましょう!
[PR]
by futurestudio | 2008-12-24 23:39 | event
Hiroshima Design Night
d0148755_21555664.jpg



広島で若手の建築・デザイン関係者の忘年会イベントを12/22に行います。

若手の定義はありませんが、20代から30代(略してアラサー)のメンバーが中心となって企画しています。

フライヤーはUTSUBO氏がつくって下さいました。

当日参加もOKですが、参加希望の方はinfo@futurestudio.jpまで事前にご連絡をいただけると嬉しいです。

みんなで楽しい夜を過ごしましょう!!

以下会場となるDining Bar Coeur(クール)の写真です。

d0148755_2219086.jpg
d0148755_22194423.jpg

d0148755_2220161.jpg

[PR]
by futurestudio | 2008-12-09 22:22 | event
展覧会を終えて
今日でSDレビューの展覧会が終了しました。
東京・大阪で多くの方々に見ていただき、作品を通してたくさんの言葉をいただきました。
自分の建築観を見つめなおすとてもよい機会になりました。
建築分野以外の友人らも見に行ってくれたようで、建築家という職能を垣間見、少しでも理解してもらえたことが嬉しく思います。来場してくれた皆さん、ありがとうございました。


ところで広島新球場工事、かなり出来てきたようですね。完成が楽しみです。
http://www.city.hiroshima.jp/www/contents/0000000000000/1223532210939/index.html
[PR]
by futurestudio | 2008-10-15 23:35 | event



建築家 小川文象のブログ Blog of Architect Bunzo Ogawa
by futurestudio