Top
4.10広島新球場こけら落とし
d0148755_9262046.jpg
長きにわたる右往曲折を経て完成した広島新球場。諸々の事情は抜きにして、この日ばかりはこの夢の器の誕生をただ祝いたいものです。市民球場移転に反対だった私も、この先新たな歴史をつくっていく新球場のこけら落としを体験しておきたいと思い、運良くチケットを手に入れてくれた友人と共に行って来ました。

設計は仙田満氏率いる環境デザイン研究所。コンペ時の特徴であった、鯉がうねるような躍動感のある屋根は、コストの関係で実現できなかったのは非常に残念ですが、ソフト面ではまさにボールパークという工夫が各所に凝らしてあり、とても楽しめる球場だと思います。建築としては、コストに苦労した跡が仕上げや細部などの納め方に見られました。また旧市民球場にあった高いフェンスは低くなり、とてもプレーが見やすくなっています。

これから新球場が旧市民球場のように愛される球場になっていくよう、行政・球団・専門家・市民みんなで使いながら考えていく必要があると考えます。

d0148755_11402778.jpg
外観。コストを考えると仕方ないですが、このままでは少し寂しい。また別予算で、外装のコンペなどしても面白いと思います。

d0148755_9173918.jpg
開放感のある外回り通路。

d0148755_9131789.jpg
レフト側砂かぶり席。選手と同目線で見ることが出来ます。

d0148755_91737.jpg
トイレの男子用小便器によく貼ってある「ハエ」が「キャッチャーミット」に。これはNICEです。

d0148755_1328727.jpg
充実したフードコート。長蛇の列にも対応できる通路幅。

d0148755_9152442.jpg
ライト側バーベキューテラス。

d0148755_1343124.jpg
レフト側客席高さは新幹線のレベルで切り取られ、新幹線から球場の雰囲気が見える様、工夫されています。


<参考>
コンペ案(全作品)
広島市新球場コンペの公式記録(広島市)
新球場建設の経緯(広島市)
幻の採用案-原広司・竹中案(中国新聞)
Arup案(kenplatz)
仙田満氏の初期の提案書(広島市)
[PR]
by futurestudio | 2009-04-12 11:55 | event
<< 最近の出来事 Tom Angotti 講演会 >>



建築家 小川文象のブログ Blog of Architect Bunzo Ogawa
by futurestudio
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30