Top
カテゴリ:london( 1 )
ロンドンでの仕事
今日は英国ロンドンで勤務していた事務所のことを書こうと思う。

僕が勤務していたAtelier Jean Nouvelはフランス・パリに拠点を置く事務所で、パリの事務所のほかに世界中で動いているプロジェクトの現地事務所がある。僕はその一つのロンドンのプロジェクトを担当した。そのプロジェクトはジャン・ヌーヴェルとノーマン・フォスターという2人の世界的建築家がコラボレーションし、ロンドンのど真ん中に、一つの建築をつくりあげるというものである。アトリエ・フォスター・ヌーヴェルという名のテンポラリーな事務所の下に、双方のスタッフ6、7人位ずつがジョイントして、一つのチームを構成していた。僕たちの事務所はリバーテムズ沿いのフォスター事務所のそばにある一棟の小さな建物を丸々使用していたが、フォスター事務所のパスをもち、メインオフィスのカフェや多種多様な機材も自由に使うことが出来る上に、フォスター事務所の各専門スタッフと一緒に仕事をすることが多く、どちらかと言えばフォスター事務所のスタッフに近い状態であった。フォスター事務所は当時約600人が在籍し、世界中から精鋭の集った事務所で、パースやライティングなど様々な技術専門スタッフがいて、アーキテクトが建築設計に専念できる環境が整っていた。

僕たちの担当したプロジェクトは、Walbrook Squareと呼ばれる(僕がいた頃は違う名前だったが)、ロンドンのシティエリアの、オフィスや寺院、ブティックやレストラン等の商業施設で構成される大規模商業複合施設の計画であった。Bottomと呼ばれる下層のリテール部分、オフィスがメインのMiddle(中層)、レストランやオフィス、屋上庭園からなるTopの3つに担当分けされ、僕は意匠性の高いTop部分の担当であった。月1回のトップミーティングで僕たちが準備した資料をもとにジャンとノーマンが打ち合わせをする。担当ごとに呼ばれて説明をするのだが、二人がトレーシングぺーパーを広げて頭の中にあるイメージを描いていく光景はすごい迫力で、興奮を覚えた。特にジャンは、Top部分に関して強いこだわりをもっていて、次から次へと形態を提案し、静かな口調ながら凄いオーラで空間のイメージを語っていく。ノーマンはどちらかと言うと、形態には慎重な印象だ。多角的に、また論理的に導くものだという姿勢が感じられた。

このプロジェクトは長い年月をかけた計画で、スタッフも次から次へ入れ替わり、僕がいた初期から中期にいた同僚の多くは後期にはほとんどがいなくなっていたようだ。僕が帰国してからもデザインが変わった様だが、基本的な軸はぶれていない。凄い数のスタディをした最終形がこれだと思うと、とても感慨深い。僕がいた頃は、度々案がリセットされ、どこがゴールなのかが見えない時期もあった。そんな年月を経て、ようやく日の目を見る。元同僚からのメールで2010年に完成予定だと聞いた。完成すればロンドンの新たなランドマークになるだろう。完成がとても楽しみだ。


Walbrook Squareのイメージ写真は以下のサイトで閲覧することができます。
http://www.worldarchitecturenews.com
http://www.skyscrapercity.com
[PR]
by futurestudio | 2008-02-26 23:18 | london



建築家 小川文象のブログ Blog of Architect Bunzo Ogawa
by futurestudio
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31