Top
土地探し
現在、住宅の計画で土地探しからお手伝いさせていただいている計画があります。

そんな中で感じたことをいくつか。
予算や規模が決まっている中で、コストを合わせていくという点では、土地を含めることで利点が発生します。この敷地ならこの規模でこんな計画になり、こっちはこんな規模でこのようになります、という風に総合的に計画することができます。また逆に、計画していく中で想定されるプランに合わせて土地を選ぶということも可能になり、大いに幅が広がります。問題があって解を導くのではなく、問題から選ぶことができる。また解から問題を選ぶこともできる。こういうやり方が本来施主にとっても、建築家にとっても理想的なのかもしれないと感じています。

また同時に、同じクライアントに提案する計画でも、敷地条件の違いでコンセプトが異なっており、建築における敷地環境の重要性を改めて実感しています。

敷地は「生き物」であり、どんな敷地でも良い部分と悪い部分があります。建築をつくるということは、敷地の良い部分を抽出し、建築というウツワに盛ることだと考えます。つまり、異なる素材を使って、別の料理ができることは必然なんですね。

そんな感じで色んな発見とともに、楽しみながら計画しています。
[PR]
by futurestudio | 2008-07-08 00:52 | works
<< Xday プロジェクトの行き先/オープンハウス >>



建築家 小川文象のブログ Blog of Architect Bunzo Ogawa
by futurestudio
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31